牛・豚・鶏肉の食肉加工、ローストビーフや浜松餃子などの惣菜製造を静岡県浜松市で行っています。
手作り肉製品をフレッシュ原料や昔ながらの製法にコダワリ、製造から卸売、直売まで行っています。

遠州こだわり肉工房

代表窓口

053-441-0210 OPEN 9:00 ~ 17:00    水・日・祝曜定休

和牛A5ローストビーフの製法レシピのコダワリ

ギフトにも最適な和牛A5で作ったローストビーフのご紹介です。
ローストビーフは人が集まる時にも大変人気があり色々な作り方の自作レシピを見かけますが、一体どれが正しいのかわかりませんよね。当店では試行錯誤の末に和牛A5ランクの場合の作り方を考案しました。

 


ジューシーなローストビーフのコダワリについて


 

その1、A5等級和牛肉の等級のお話

その2、ローストビーフのレシピ

その3、おすすめの美味しい食べ方

 

A5等級和牛

 

 

その1、A5等級和牛肉の等級のお話


牛肉のランクには「歩留等級」ともう1つは「肉質等級」があります。
この2つの評価基準を組み合わせてA-5、B-4などと評価がされていきます。この基準は、公益社団法人日本食肉格付協会(JMGA、通称:日格協)により定められており15通りの評価基準があります。

 

・「歩留等級」—-A、B、CランクがありAが最上で、これは牛1個体から骨やスジを取り除いた「精肉」の状態になった時の歩留(ぶどまり)が良いものがA評価とされます。要するにたくさん食べる部分がある牛ということです。必ずしもAであるから美味しいというわけではありません。

 

・「肉質等級」—-5,4,3,2,1ランクで5が最上とされ「脂肪交雑(霜降りの状態)」、「肉の色沢」、「肉の締まりとキメ」、「脂肪の色沢と質」の4項目について評価が行われます。全部ではありませんが、ABCの歩留等級に比べてこちらの肉質等級のほうが味に関する評価に直結するといえます。A-5に評価される牛肉はほぼすべてが和牛です。 しかし出荷された和牛の全てがA-5評価されるわけではありません。 A-5と評価されるものは「約15%程度」でしかありませんので大変貴重な牛と言えます。

 

黒毛和牛A5等級は全体の15%

 

 

その2、ローストビーフのレシピ


まず重要な要素、として以下のことを考えると美味しさのレシピが見えてきました。

 

・牛肉のたんぱく質が熱により変性する温度と加熱時間
・表面が焦げることによる香ばしさ
・味付け方法

 

ロースビーフ焦げ加熱時間

 

工場の生産効率を追うと一つづつ焦げ目をつける工程を省き、真空パックの中で低温調理するだけというレシピもあるようですが当社では一つづつ焦げ目をつけ、オーブンでの加熱調理をしています。それだけ手間と温度管理に時間がかかるのですが、その方が美味しいと思う基本の調理を行っています。

 

 

その3、おすすめの美味しい食べ方


日本人なら醤油とわさびで味わうべし!

 

その2の製法で作られたローストビーフはそのままでも牛肉の味が感じられ美味しいのですが、通常のローストビーフのタレだと濃厚すぎて牛肉の味が消えてしまうと考えます。そこで当店でオススメするローストビーフのタレはシンプルに醤油とわさびです。この食べ方だと牛肉の脂本来の味が感じられ大変美味しくA-5和牛素材の味が活きます。

 

ローストビーフ

 

 

ギフトにも最適なローストビーフは300g袋入りをメインとして製造しております。
ご注文についてはこちらからどうぞ

https://mirakukou.jp/productlist/order/

 

人気の記事

おすすめの記事

記事カテゴリー

News

Information

味楽幸(みらくこう)株式会社は静岡県浜松市で食肉の
加工を行っている食品加工業者です。
浜松餃子をはじめ、ハンバーグ、ローストビーフ
ソーセージなどの牛肉、豚肉、鶏肉の
食品製造とOEM委託製造も行っております。

味楽幸 株式会社

〒432-8045 静岡県浜松市中区西浅田1丁目9−41

TEL 053-441-0210 FAX 053-441-7228
OPEN9:00〜17:00 定休日 水・日・祝日